--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/10/09 (Tue) なないろ

はじめまして。
ここはあんのが書いたオリジナルBL小説のブログです。
同性愛に嫌悪感を抱く方にはオススメできません。
また、あんのの書く小説は必ずしも幸せに終わる結末ではありません。
ずっと一緒にいるから幸せだとか、そういう安易な結末にはしたくないからです。
ですので、死にネタ別れる選択をする結末がダメな方にもオススメできません。
あんのとしては、その結末でも十分ハッピーエンドのつもりで書いていますが、感じ方は人それぞれなのであえて注意書きに加えました。


・現在の連載・

*四季恋歌*
 あらすじ
僕の心臓は産まれた時から不良品だった。
皆と同じように走り回ったり、当たり前のように学校に行ったり、そんな普通の生活さえ僕には許されなかった。
そんな僕にも、たった一人だけ親友がいた。
過去形なのは、彼も僕と同じように不良品の心臓を神様から与えられ、1年前にとうとうショートしてしまったから。
柊 夏秋。
僕の初めての友達で最後の親友。
彼の死は僕にとって、明日死ぬと宣告されたにも等しい程の出来事だった。
そんな失意の中、僕は会った事もない彼、結城 海に恋をした。
きっとこれは報われる事の無いもの。
神様。
この不良品の心臓がショートするまででいいから、僕に春を下さい。

スポンサーサイト

・お知らせ・ | trackback(0) | comment(1) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。