--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/10/09 (Tue) *四季恋歌* 01

「春の名前、季節の春って書くだろ。俺は夏と秋と冬って漢字を持ってる。2人合わせると四季になるんだぜ。春が来ないと、夏も秋も冬も来ない。だから、春は必要なんだよ」

そう言って、夏秋は僕の両手を優しく包んでくれた。
僕はあの時、初めて祖母以外の人間が与えてくれた温もりに、涙を流した。
夏秋の手はひんやりと冷たかったが、僕の不良品の心臓はぽかぽかと暖かく、穏やかに鼓動を刻んでいた。
その年の冬に、夏秋は僕を置いて一人旅立ってしまった。
春が来ないと、夏も秋も冬も来ないと言った夏秋。
じゃあ、夏も秋も冬も来ない春は、どうすればいいのだろうか。
二年経っても、僕は未だに答えを見つけられない。
他の季節に置いていかれた春。
僕のこころは冷たいまま、年月だけが過ぎて行く。
そんな僕を暖かくさせてくれたのは、海の画集だった。
力強く、優しいタッチのその絵に、僕は何度救われただろう。
こんなにも生き生きと生命力に溢れた絵を見たのは初めてだった。
気が付いたら、便箋を引っ張り出し文字を綴っていた。僕は海のように絵が描けないから、拙い文章に精一杯の想いを込める。
一度も返事はないけれど、夏秋への日記のように、海への手紙は習慣になっていた。


それから一年後の春。
僕の心臓は、鼓動の音色を変えた。

*四季恋歌* | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。